決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年12月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ
Facebook

ブログ

オサムちゃんの初恋②  [2016年02月21日]
【オサムちゃんの初恋②】
 
 
「実はな、ええこと考えたんや。あのな。。」
 
 
身を乗り出したオサムちゃんは
 
私の閃き作戦を聞き
 
 
「最高や!それはイケる!
 
 もう。たまらん!
 
 やっぱりふっきゃんは天才や!
 
 早よ作戦実行しよ!」
 
 
「まぁ焦るな。慌てるな。大丈夫や。」
 
 
私が考えた作戦は
 
当時、我々の学校だけではなく
 
この時代「交換日記」なるものが
 
爆発的に流行していて
 
お互いの日記みたいなものを、想いのまま綴り
 
自分が書いて相手に手渡し
 
もしくは 相手の机に忍ばせて
 
相手から返って来て、また書いて返す。
 
 
私たちが中学生の頃は
 
デートなんかしてたら
 
その翌日には、学校中に噂が走るので
 
その「交換日記」が当時では
 
最先端なお付き合いだったわけであります。
 
 
もちろん、隠しに隠すのですが
 
「好き」とも言えない純情な私たちにとっては
 
「交換日記しませんか?」というのは
 
それはそれは勇気がいったのです。
 
 
しかし、そのチャンスは
 
向こうからやって来たのでした。
 
 
ある日、私が放課後ひとりでいる時に
 
私がその当時大好きだった女の子
 
トモちゃんから 何が彼女をそうさせたのか?
 
奇跡が舞い降り
 
 
「福山君、交換日記しませんか?」
 
 
と言われたのです。
 
 
純情少年で、全く女の子に
 
そんなある意味大胆な告白を
 
言われたこともなかったので
 
目がテン!になったのです。
 
 
それぐらい当時の私は純情少年で
 
交際はおろか女の子と話すのさえ
 
恥ずかしいくらいだったのです。
 
 
それでも、あまりに嬉しくて
 
 
「えっ?俺?ちょっと考えさせて。。」
 
 
全く断る訳もないのに
 
いい格好をしてしまったのです。
 
 
ドキドキしながら、一晩考えていた時
 
今思えばよせば良かったのに。。。
 
 
「そや!オサムも交えてグループ交際!
 
 交換日記や!
 
 トモちゃんとメグちゃんは、親友や!
 
 オサム!イケる!これならイケる!」
 
 
と勝手な想像が膨らんだのも
 
いざ!2人で交換日記!となると
 
恥ずかしい自分の事情?もあり
 
翌日、トモちゃんに
 
 
「なぁ頼む!オサムも入れて
 
 メグちゃんとグループで!どやろ?なぁ頼む!」
 
 
とお願いすると
 
 
「うん。良いよ!頼んでみる。」
 
 
その放課後には
 
メグちゃんもあっさりOKということで
 
オサムにそのことを伝えると
 
 
何を思ったか 忘れもしません。
 
 
目が潤み 「ちょっとグランド走ってくる!」
 
と全力で声をあげ
 
 
「よっしゃー!!!交換日記じゃ!!」
 
 
と言いながら 走り出したのです。
 
 
それを見て私は少し嫌な予感がしたのですが
 
その時の私には
 
それが何かはわからなかったのです。。
 
 
「ふっきゃん。どんなノートにする?」
 
 
「なんでもええやん。大学ノートで。」
 
 
「アホか!全力で買うわ!これなんかどや?」
 
 
見ると、とてもじゃないですが
 
丸坊主の中学生が買うような代物ではなく
 
花柄アップリケ!みたいなノートだったのです。
 
 
しかし
 
「俺が買うから、大丈夫や!」
 
とおこずかいをはたいて
 
オサムちゃんは買ったのです。
 
 
それからが大変!
 
 
オサムちゃんは、そのアップリケノートに更に
 
考えられる全ての模様?装飾を施し
 
出来上がりを持たせてもらった時には
 
そのアップリケノートは
 
「実に重い」ものになっていたのです。
 
 
それでも一週間近くかかったので
 
女の子からは、「まだかな?」と言われたのです。
 
 
そして、記念すべき、その一ページ目は
 
オサムちゃんが
 
「俺に書かせてくれ!」と言うので
 
任せると それから更に一週間。。
 
 
オサムちゃんから
 
なかなか、ノートが来ないのです。
 
(もちろんアップリケノートです。)
 
 
しかし、目の下にクマを作って
 
 
「ようやく出来た。」
 
 
と持って来たオサムちゃんの
 
記念の交換日記デビューのノートには
 
彼のメグちゃんに対する
 
壮絶な想いが込められていて
 
壮大なノート構成になっているのです。
 
 
先ず、色エンピツ、マジックを駆使し
 
メグちゃんの似顔絵から
 
私たち4人の似顔絵!
 
 
その次のページを恐る恐るめくると
 
「4コマ漫画。。」
 
 
私たち4人がグループデートしたとして
 
私が、誤って溝に落ちる。。
 
それをメグちゃんが先頭に立って助ける。。
 
 
全く、面白くともなんともない漫画なのに
 
メグちゃんの目が
 
少女漫画に代表されるような
 
キラキラな目になっているのです。
 
 
それも、残念賞なことにオサムちゃんは
 
副教科の鬼だけあって無駄に上手いのです。。
 
 
さらに、それからのページは
 
今思い出しても 悲しいくらいの
 
延々とメグちゃんに対する想いで溢れていて。。
 
 
「わかった。ご苦労さん。
 
 じゃ決めてた順番通り
 
 次はメグちゃんに渡すわな。。」
 
 
「おお。頼むで。俺、人生変わってきた!」
 
 
それが。。
 
オサムちゃんの最高の時だったのです。。
 
 
続きは明日。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                             

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-707-6111です 

心よりお待ちしております。
                             
Posted at 09:39