決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

24年の歳月  [2019年01月17日]
【24年の歳月】
 
 
「1995年1月17日か。。
 
 もう24年も経ったんやね。」
 
 
家内が台所で洗い物をしながら
 
ふと手を止めて遠い記憶を探るように呟いた
 
 
忘れもしない神戸の大震災のあの24年前
 
家内にとっては震災はもちろんですが
 
24年前、大好きだった父親を亡くしたのです
 
 
」だと宣告され4年が過ぎ
 
この年を超えると癌宣告から5年経つことになり
 
ひとつの目安になる「癌の再発なし」になるかも?
 
そんな祈り虚しく1995年7月に亡くなったのです
 
 
義理の両親の家は東灘区にあり自宅は全壊だとされ
 
被害が少なかった私たちの家に
 
約一ヶ月一時避難することになったのです
 
 
その時には今思えば癌は再発していて
 
凄いスピードで身体を蝕んでいたのであります
 
 
当時の神戸の病院といえば
 
万全の態勢だとはとてもいえず
 
診察を受けるだけでも何時間も何時間も
 
並ばないといけない状況でありました
 
しかし義母や家内は
 
考え得る出来る限りのことをしましたが
 
震災の年に亡くなったのです
 
 
なので家内にすれば
 
震災の年は父親が亡くなった年で
 
テレビで震災の様子が流れていると
 
嫌な記憶が呼び起こされるようになるのです
 
 
もちろん今では全てを受け止めているので
 
動揺することはないですが私はそんな家内が
 
悲しそうな顔をするのが耐えきれず
 
出来れば震災のテレビをつけないよう
 
考えてしまうのであります
 
 
しかし神戸は特になのかどのテレビを点けても
 
この時期震災のテレビになるので
 
家内には気づかれないよう撮りためしていた
 
 
などお笑い番組を見るようにしていたのです
 
 
しかしそれらの番組が終わり
 
食事を済ませて気を抜いた瞬間
 
テレビを点けたら
 
「震災特番ドラマ」みたいなのが放送されていて
 
冒頭の「24年も経ったんやね。。」
 
になったのであります
 
 
いつも万全に明るい家内が
 
少しでも悲しそうな顔をするのが辛く
 
パッと話を切り替えようと
 
 
「すべらない話、最近あんまおもんないな」
 
 
と言うと
 
 
「まあまあやね(笑)」
 
 
と、いつもの調子になったのですが
 
こんな毎年の私のバレバレの言動や行動を
 
家内は気づいているのだろうか?
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
しかしあれから24年か。。 早いなぁ。。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39