決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年12月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ
Facebook

ブログ

マサチューセッツとお寿司  [2018年08月22日]
【マサチューセッツとお寿司】
 
 
「あそうなん、マサチューセッツ州にあるの?」
 
 
「はい、マサチューセッツのボストンってところです」
 
 
「マサチューセッツ州ってアメリカの東?西?北?南?」
 
 
「あそうなん、東の方にあるんやね」
 
 
「ということはマサチューセッツ州大学も近くにあるの?」
 
 
「うん、近いと思うよ」
 
 
先日ブログでお話ししたように
 
来週から次男は奥さんとひとり息子のいっぺいを連れて
 
ハーバード大学に留学に行くのであります
 
 
「ところで何学部やったっけ?」
 
 
「〇〇学部の専攻になります」
 
 
夫婦2人でいくら詳しいことを聞いても
 
全くわからないので話を少し変えて
 
 
「住む家は決まったんか?」
 
 
「少し時間がかかって心配かけたけど
 
 希望通りのマンションに決まりました」
 
 
「家賃が相場より少し安かって
 
 たまたま良いのが当たったわ」
 
 
「家賃高いんやろ?」
 
 
「東京港区くらいかな?」
 
 
「そんなに高いの?」
 
 
「広さは1LDKで
 
 その値段やったら安いくらいと思うよ」
 
 
東京より家賃が高いのにびっくりしたのですが
 
家具もついてこの家賃なら安いと教えてもらったのです
 
 
突然の帰省はひょっとしたら留学前に
 
日本で会えるチャンスはないかもと
 
期待はしてはいなかったのですが
 
家内の想いが通じたのか
 
仕事の合間を見つけ帰省してくれたのです
 
 
そんな私たちにしばらく日本に帰って来ないので
 
どこに行きたいかをリクエストして欲しいと聞くと
 
「淡路島」との要望に答え
 
 
ホテルニユーアワジ」の日帰りお風呂を
 
家内と嫁が行ったので
 
 
私たちはいっぺいと時間を過ごしていたのです
 
 
お風呂上がりには息子夫婦が
 
美味しいお寿司を食べたいとのリクエストにより
 
洲本の「きた八」というお寿司屋さんに寄り
 
店員さんの本日のおススメほぼ全てを
 
素直にいただくという荒業
 
 
「鮑のバター焼き」はおかわりまでして
 
食べきれないほどの淡路の新鮮な海の幸を堪能して
 
 
会計は息子が
 
 
「お母さん、僕に任せて」
 
 
時価」がいったいいくらになるのか
 
恐ろしかったのですが
 
ここはお言葉に甘えてご馳走になったのです
 
 
「きっとボストンに行ったら
 
 こんな美味しい魚食べられないからね」
 
 
「元気で帰って来てね、頑張れ!」
 
 
家内は息子にとっての夢の実現を目の前にして
 
頼もしいのだろうけれど
 
やはり心配はしているのだと思うのです
 
 
母親は息子がいくつになっても母親なのです
 
 
「マサチューセッツ州か。。」
 
 
息子たちを見送ったあと呟くように言った家内
 
その横顔は先ほどの新幹線でのしばしの別れの余韻か
 
少し大きくなった孫のいっぺいの
 
肌の柔らさをその手が忘れないように
 
そして夢を叶えようとしている息子への
 
エールのような気がしたのです
 
 
涙こそ出てはいないけど
 
私には家内の気持ちがわかるのです
 
ここで湿っぽくなってはいけないと
 
 
「そりゃそうと昨日の寿司美味しかったなぁ」
 
 
と、言うと
 
 
「そう!そう!本当に美味しかった!」
 
 
湿っぽくならなくて良かった(笑)
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
マサチューセッツ州
 
冬にはマイナス15度くらいになるそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39