決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

灘中合格発表の日  [2015年01月29日]
"灘中合格発表の日"
 
 
「家族全員で来て欲しい
 
   おじいちゃんもおばあちゃんも」
 
 
「そんな自信あんのか?」
 
 
「大丈夫、絶対受かってる。」
 
 
「よし、それなら全員で
 
   その瞬間を見ようじゃないか!」
 
 
 
思い起こせば、次男12歳の冬
 
灘中 一本で受験をした
 
その時がやって来たのだ
 
 
 
前日から、ビデオカメラをセッティングし
 
合格発表に行くまでの道すがらから
 
その瞬間を記録に残したいと言う
 
彼の希望通りに全員で向かったのだ。
 
 
 
「大丈夫か?落ちたらどうする?」
 
 
「大丈夫、受かってるから
 
 ちゃんとビデオ回しててよ」
 
 
「よし、ならば一番に
 
 お父さん、見つけたるわ
 
 えっと。。番号は275番やな」
 
 
 
当時、確か160人の定員に対し
 
560人程の受験生が全国からやって来た。
 
 
 
車に乗って向かい
 
JR住吉駅近くのコインパーキングに停めると
 
溢れんばかりの 
 
 
「人!人!人!
 
 
 
こんなにも、たくさんの人が
 
集まってきているのか?
 
 
学校近くになると
 
大きな旗を持った各塾の先生方が
 
受験生を集めて、その時を待っている。。
 
 
 
それよりもビックリしたのは
 
各テレビ局の多さ!
 
 
関西のあらゆる、テレビ局のクルーが
 
その日の夕方のニュースで
 
「灘中合格発表」 の模様を流すのが
 
恒例になっているのだ。
 
 
その為、報道のアナウンサーが
 
一人でも多くの両親に
 
(子供達にはインタビューは
 
 避けている様に見えた)
 
マイクを向けるのだ。
 
 
 
ご存知の通り、灘中のご父兄というのは
 
「医者」「弁護士」先生が圧倒的に多く
 
皆さん、ちゃんとした格好(ほぼ、スーツ)で
 
合格発表を見にきているのだ。
 
 
中には、きっとあの人は
 
政財界の大物?みたいな人もいて
 
 
 
私はと見ると。。
 
PUMAのジャージの上下を
 
着て行ったのです。
 
 
 
「お父さん、それは。。少し。。」
 
 
と言われながらも
 
「まぁええか。。」
 
 
と行った自分が恥ずかしくなったのは
 
言うまでも無く
 
明らかに浮いていたのです。
 
 
 
それでも、何とか一番に見に行く為に
 
人を掻き分け掻き分け
 
合格発表が 行われる体育館の前まで
 
 
 
「ちょっと、すんません、ちょっとすんません」
 
 
 
と先頭に立ったら
 
今度は、テレビクルーが駆け寄って来て
 
 
 
「一番手ですね、ご子息の?」
 
 
 
当たり前やろ!
 
誰が、関係無いのに
 
こんなギューギューな所で待ってんねん。
 
と思いながら、それでも
 
 
「こんな感じのお父さんなんかおらんで」
 
 
 
そうなのです。
 
皆さん上品なのです。
 
 
 
結果
 
たんまりインタビューをされたにも関わらず
 
その日の放送には
 
一切映る事も無かったのです。
 
 
 
かなりの時間を待たされ
 
熱気がプンプンしていて
 
後ろから押し潰されそうになりながらも
 
背後で 「押すな!!押すな!!」
 
と塾の先生方が
 
必勝ハチマキをして 怒号を鳴らす。。
 
 
その時、同じ様に
 
息子のその瞬間を待っていた
 
「絶対に友達になりそうにない」
 
紳士が私に声を掛けて来たのです。
 
 
 
「福山さんのお父様ですよね。」
 
 
「あ、はい。。」
 
 
「私、息子さんの御学友の〇〇の父親です。」
 
 
「名前は聞いた事あります、そうなんですか。
 
 一緒に受かれば良いですね」
 
 
「私は、心配で。。心配で。。
 
 福山さんは余裕ですもんね。
 
 最終判定模試も確か
 
 安全圏だったですよね。」
 
 
「そうなんですか。でもこのギューギューさは
 
 なんかパチンコ屋の開店前みたいですな」
 
 
「はぁ。。そうなんですか。。」
 
 
 
つまらない事を言うんじゃ無かった。。。
 
 
それも、こんな時に・・・
 
 
 
そんな話をしていたら
 
体育館のドアがおもむろに開き
 
一斉に 合格発表のパネルまで
 
全員が走り出したのです。
 
 
 
もちろん押される様にして
 
先頭で走って行ったのです。
 
 
 
「275番。。275番。。」
 
 
 
「よっしゃー!!受かった!」
 
 
 
と後ろを振り向くと
 
家内が息子と抱き合って泣いていた。。
 
 
 
あちこちで、歓声や、溜息が交差する中で
 
またまた、テレビクルーがやって来た。
 
 
 
「今の気持ちは?」
 
 
「嬉しいですね!感謝しますわ!」
 
 
 
と何台かのテレビクルーに言った筈なのに
 
 
やはり「バッサリ」とカットされていたのでした。
 
 
 
そして、その足で、入学の書類を頂き
 
家族全員で帰路に着いたのですが
 
息子が
 
 
「お父さん、やっぱり一番目立ってましたね」
 
 
だって。。
 
 
そんな、誰も知らない「灘中」の
 
それからの毎日は
 
本当に ビックリの連続で。。
 
 
また機会があればお話しますね。
 
 
最後までご愛読ありがとうございます。
 
 
先日、合格発表のテレビを見て
 
思い出しました。
 
☘☘

真剣にご結婚をお考えの貴方

 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
まずは、安心の資料請求から
 
メールの方はこちらから
 
電話の方はこちら078-707-6111です 

心よりお待ちしております。
 
Posted at 09:39