決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2021年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ブログ
Facebook

ブログ

庭師。素敵なひととき。  [2021年08月28日]
【庭師。素敵なひととき。】
 
 
「だいぶ伸びてまんなー。」
 
 
年に一度の剪定の日
 
 
開口一番
 
我が家の玄関口にある木を眺めながら
 
聞こえそうで聞こえない声が
 
これがまたたまらなく良いのです
 
 
「シルバー人材センター」と刺繍の入った
 
少し年季のある作業着も私を刺激する
 
 
「暑い中ご苦労さまです
 
 今年も宜しくお願いします」
 
 
家内が隣で挨拶をする
 
 
その声にハッとして慌てて私も頭を下げた
 
完全に見惚れていたのです
 
 
私より年齢が
 
軽く10歳以上は離れているだろうか?
 
作業をされるお二人の額には
 
すでに軽く汗が光っていた
 
 
しかし挨拶もそこそこに手際良く作業に入る
 
 
その姿があまりにも 「ザ、職人!」らしく
 
とにかく余計なことを一切喋らないのが
 
素晴らしい!
 
 
 
黙々と荷物を運びながらお二人で
 
軽くボソボソと打ち合わせしているのだろうか?
 
それも全く聞こえない
 
 
こんな感じが私は大好きで仕方がない!
 
 
毎年同じ庭師の方と
 
少しでも仲良くなりたいと思うのですが
 
ベラベラと余計なことばかり喋る私は
 
お二人にとってはきっと
 
邪魔以外の何ものでもないとはわかっていても
 
家内を使い
 
 
「ハイ。冷たいお茶をどうぞ」
 
 
「かき氷作りました。良かったらどうぞ」
 
 
と、渡すタイミングでさりげなく
 
本当にさりげなく顔を出し
 
 
「どうですか?暑くないですか?」
 
 
などと何とかキッカケを作りたいのですが
 
いつも
 
 
「ところでご主人。この木どないしまっか?」
 
 
と、庭の少し伸びている木を切りますか?
 
切りませんか?の質問をされるのです
 
 
実は木の名前も
 
それが伸びているのか? いないのか?
 
それすらも全く知らずそれでも
 
(全く興味ありませんねん(笑))
 
などと 言おうものなら
 
(知らんのやこのオヤジ。。)
 
と思われないかと考え
 
 
「そーですね
 
 それじゃ切っていただきましょうか」
 
 
と、満開の笑顔で言うと
 
 
「へい」
 
 
あー。。ゾクゾクする。。
 
 
 
「へい」。。
 
 
何と素晴らしい響き!!
 
 
 
この令和の時代に 「へい」。。
 
 
誰をも寄せ付けない感じといい
 
決して媚びる感じもないのが
 
素敵過ぎるのであります
 
 
結果、4時間ほどの作業を終え
 
 
「へい。終わりました」
 
 
最後の確認をと言われ見渡すと
 
それはそれは毎年お見事な剪定で
 
 
「ありがとうございます!綺麗です!
 
 暑い中本当にありがたいことです」
 
 
と、言うと
 
それはそれは嬉しそうな笑顔で
 
 
「こちらこそなんやかんやと
 
 いつもありがとうさんです
 
 また来年だんな。」
 
 
とつぶやき去って行く姿を家内と見送りながら
 
 
「カッコええなー。。
 
 あんな感じの職人になりたかったわ」
 
 
と、言うと
 
 
「(笑)お父さん、絶対無理
 
 まず不器用やし、無口ちゃうし(笑)
 
 絶対無理(笑)」
 
 
とのことでした
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
やはり男は無口に限るな。。
 
ちょっと狙ってみようか。わたし。
       
 
  
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい!

心よりお待ちしております。
                        
Posted at 09:39