決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログ
Facebook

ブログ

1月17日  [2022年01月17日]
【1月17日】
 
 
この日が近づくと
 
関西のあらゆる局のニュースは
 
阪神淡路大震災の「あの日」が流れる
 
 
27年か。。
 
と改めて揺り戻されるような気持ちになる
 
 
私自身もブログを始めてから毎年
 
この日は震災のことを書くようにしている
 
 
せめて生き残った私たちが忘れないように
 
そして少しでも
 
何かをお伝え出来ればと願うのであります
 
 
震災の悲惨さはみなさんご存知の通りで
 
あの揺れなど二度と経験したくないと思うのです
 
 
それでも27年も経つと記憶はどこか曖昧になり
 
頭の奥底を何度も繊細にゆっくりノックし
 
引き出すのであります
 
 
余震に怯えながらもなんとか落ち着いた頃
 
私たち夫婦に出来ることは何か? と、考え
 
以前にも書かせていただいたのですが
 
我が家にはガスが奇跡的にも通っていたので
 
「お風呂の開放」をしたのです
 
 
当時、お風呂など入ることが出来ず
 
みなさん大変困っていました
 
なので、この際
 
困っている人は誰でもいいので
 
入ってくださいと声をかけていました
 
 
その時、長男が困っていた担任の先生に
 
 
「僕の家ならお風呂はいれます!」
 
 
と声がけしたのも
 
家内の育て方が良かったのか?と嬉しく感じ
 
常にお湯が沸いている家にし知り合い含め
 
たくさんの人に
 
入ってもらうことが出来たのです
 
 
もちろんお風呂から上がれば
 
あったかいご飯を用意し
 
少しでも明るい気持ちになって欲しいと
 
頑張ったのです
 
 
しかし!
 
決して誤解しないでいただきたいのは
 
それを美談にしたい訳ではなく
 
本当にそれは運良く私たちの家が
 
電気やガス、水道が
 
早い時期に動いていただけで
 
それでもいつ我が家が
 
困ってしまう環境になるかも?と
 
それはそれは紙一重の神戸だったので
 
それなら今誰にでも手厚くしておけば
 
ひょっとして助けてくれることがあるかも?
 
そんな卑しい気持ちがあったのも
 
恥ずかしい話確かです
 
 
幸い無事に日々が過ぎ
 
お世話になるようなことはなかったですが
 
 
あの時はただただ生きていく為に!
 
と、頑張ったのを
 
今年は頭の奥底から
 
引っ張って思い出しました
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
1月17日
 
この日は毎年やってくる
 
僕たちは忘れない
               
 
 
 
  
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい!

心よりお待ちしております。
                       
Posted at 09:39