決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

バケツ一杯泣いてしまえ!  [2017年11月22日]
【バケツ一杯泣いてしまえ!】
 
 
「頼むから泣かんといて」
 
 
「先生泣きそう。。」
 
 
電話の向こうで
 
鼻をすすりながら泣くのをこらえていた
 
 
先日交際終了の連絡が入ったのは
 
あまりに突然だった
 
 
「ひょっとしたら良い報告出来るかも?」
 
 
そんな嬉しい報告があった1週間後に
 
まさかのご縁が絶たれたのだ
 
 
今まで多くはないけど
 
こんな連絡が入った日は
 
私は自分を責めるのであります
 
 
「もっと力になってやれなかっただろうか?
 
 もっと寄り添い
 
 冷静に分析が出来なかったろうか?
 
 自分自身が浮かれて
 
 舞い上がってなかったろうか?」
 
 
ひとり部屋に入り
 
残酷な報告を今から彼女に告げなければならない
 
 
「上手く伝えられるだろうか?」
 
 
「泣かれたらどうする?」
 
 
5年目にもなる仲人の仕事を
 
私はいったい何を学んでいたのだろうか?
 
 
気持ちを落ち着けて
 
ふーっと息を吸い込んで
 
彼女にダイヤルしたのだ
 
 
出来る限り正確に出来る限り静かに冷静に
 
告げたつもりだったのですが
 
彼女は優しい性格で
 
私からの急な電話に嫌な予感がしたのか
 
 
「先生、大丈夫です。。」
 
 
そんな言葉が余計に切なくなるのです
 
 
言葉があまり続かず
 
気のきいた 言葉も言えず
 
 
「切り替えよ、な、切り替えよ」
 
 
「ハイ」
 
 
電話を切ったあと
 
部屋のベッドで力なく横になっていたら
 
長い時間階下に降りて来ない家内が
 
心配になったのか
 
 
「お父さん、ご飯食べないの?」
 
 
その言葉でやっと起き上がり
 
全く何も知らない家内に
 
 
「どうせやったら泣くだけ泣いて
 
 それもバケツ一杯くらい泣いたらええねん!
 
 あんな男やめとけ!」
 
 
キョトンとしている家内も
 
ことの重要性を察知したのか
 
 
「そうなんや。。」
 
 
そう言ってから
 
 
「ご飯冷めるからね」
 
 
そんな夜があったのですが
 
バケツ一杯?泣いたと思える彼女でしたが
 
先週切り替えてお見合いをしたら
 
無事交際になったのです
 
 
本当に良かった。。
 
ほっとした
 
 
今度はお嫁さんになる時に
 
バケツ一杯くらい泣こうぜ!
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
失恋した時は、チョビチョビ泣かず
 
山ほど泣いてから前に進めばいいのです
 
 
私は女性の涙に弱過ぎる
 
仲人がむいてないのじゃないだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39