あなたの結婚をお手伝いします。神戸、阪神間の結婚相談なら、JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ。

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2019年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ブログ
イベント情報
Facebook
お相手お試し検索
会員ログインページ
日本結婚相談所連盟|IBJ

ブログ

神様はいると思える日々  [2019年05月30日]
【神様はいると思える日々】
 
 
「おかげ様で今月も無事に
 
 健康に過ごせることが出来ました
 
 ありがとうございました」
 
 
家内と二人、毎月月末には
 
宝塚にある清荒神に出かけ
 
無事を報告するのであります
 
 
亡くなった母親が
 
清荒神に毎月お参りするのを引き継ぐ形で
 
通い出してすでに7年くらいになるか?
 
そんなことを考えながら参道を歩くのであります
 
 
ありったけの10円玉をひと月に溜め込んで
 
がま口財布から取り出し
 
あらゆる箇所のお賽銭箱に入れながら
 
今月の報告をするのであります
 
 
しっかりと手を合わせ
 
神妙に頭を深々と下げるような人間に
 
なるとは思ってもみなかったのです
 
 
母親が何かいいことあるごとに
 
 
「荒神さんのおかげ」
 
 
と口を酸っぱく熱く語るのを
 
 
「な、訳ない(笑)」
 
 
神様などいる訳ないと
 
母親に言っていた自分が恥ずかしく
 
この年齢になって、またこの仕事を始めて
 
神様はいると思うようになったのであります
 
 
自分ではどうしようもないことを
 
何かラッキーで救ってもらったこと
 
またあらゆるご縁の奇跡を目の当たりにし
 
 
「これは荒神さんのおかげやで」
 
 
母親の私の耳に残ってるあの声が
 
素直に入ってくるのです
 
 
何故母親が足しげく荒神さんに通ったのか
 
理由は聞けず亡くなったのですが
 
きっと神様はいると信じて
 
それは実は
 
自分の心の内にあると思っていたのではないかと?
 
感じるのであります
 
 
ひと月に一度、自分を確かめ
 
生きている感謝の言葉を参拝しながら頭を下げる
 
そんな自分でありたい
 
 
「人のために生かせていただいている」
 
 
母親はいつもそう言っておりました
 
ひとりで通いながら荒神さんに
 
 
「今月も頼んどいたからな。お母ちゃん」
 
 
そんなウザかった電話が
 
今では無性に懐かしく
 
母親が祈ったように私たちもただ多くを望まず
 
家族の健康や生かせていただいている感謝をと
 
ひと月に一度神妙に参るのです
 
 
その晩、次男から
 
 
「来週家族全員で帰るね」
 
 
産まれたばかりの7人目の孫を連れて帰ってくる
 
と連絡があり、それを聞いた家内が
 
 
「やっぱ。神様っておるね。あー楽しみ!」
 
 
と、手を合わせました
 
 
何か違うような気もするけれど
 
ま。いいか(笑)
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
お線香の匂いまでいい匂いに感じてきた
 
完全なる老人
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39