決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年12月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ
Facebook

ブログ

「メスカ神戸さん」  [2018年04月26日]
【「メスカ神戸さん」】
 
 
「もしもし、えっとあなた誰かぁしら?」
 
 
「はい?すみません
 
 先ほどお電話着信入ってたので
 
 折り返したのですが。」
 
 
車で移動中だったので一度側道に留めて
 
電話をかけ直したのです
 
 
知らない番号だったのですが携帯番号だったので
 
多分こんな時は仲人さんからかな?と思い
 
誰かぁしら?と言われたので
 
 
「はい、ベスカ神戸です
 
 お電話いただいたみたいで大変失礼しました」
 
 
と、言うと
 
 
「はいはい、メスカ神戸さんね」
 
 
「あのベスカ神戸です(笑)」
 
 
「お宅の会員さんでいらっしゃいましてね」
 
 
まさか。。
 
メスカ神戸と認識したままスルーなのか?
 
と、思ったのですが
 
 
「はい!どうぞ!」
 
 
声の感じとトーンが
 
この道40年?くらいの迫力を感じ
 
絶対に気を悪くさせてはいけないと思ったのです
 
 
「うちの会員が?」
 
 
「そうでらしてよ」
 
 
「はい」
 
 
「あーた。この彼女いいじゃない
 
 お育ち良さそうね」
 
 
「あ、先生私すいません少し出先なもので」
 
 
「〇〇歳のこのお嬢さんね
 
 なんだか素敵な感じが しますのよ」
 
 
どうしようか? 先生はシステムを見ながら
 
お話しされているのだけれど
 
何故か幾度も
 
「メスカ神戸」としか言われないのです
 
 
そんなことはさておき
 
パッと頭に浮かぶその年齢なら
 
該当の女性は3人は居る。。
 
しかし話の腰を折るのもいかがなものか?と思い
 
次の言葉を待っていると
 
 
「うちの会員さんにご紹介させていただきますわ」
 
 
「それはありがとうございます」
 
 
「このお嬢さん、出身は〇〇ね」
 
 
そこで初めて該当の彼女がわかったのです
 
 
「はい先生
 
 彼女、気立ての良いお嬢さんです」
 
 
「お写真通りなの?」
 
 
「いや。ちょっと頑張ってます」
 
 
「あーた、面白いのね(笑)(笑)」
 
 
そんなに爆笑になるとは思わず
 
 
「正直の方が彼女のためかと」
 
 
「あーた。メスカさん。
 
 正直でよろしいことよ(笑)
 
 正直な仲人さんがよろしいことよ」
 
 
「いえいえまだまだ勉強でございます」
 
 
「じゃわたくし。ご紹介しておきますわね」
 
 
「ありがとうございます!宜しくお願い致します」
 
 
電話を切ったあと
 
その道40年?のパワーを
 
肌で体感出来たことに
 
感謝なのであります
 
 
先人の方がいらっしゃることで
 
我々は今があるし
 
何とかご縁を繋ぐのだとパワーを注ぐ気概が
 
大切だと改めて感じたのです
 
 
しかし「メスカさん?」
 
まだまだと改めて感じております
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
お見合い当日が楽しみです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39