決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

贈る言葉  [2017年12月10日]
【贈る言葉】
 
 
「これからの2人にも
 
 きっとたくさん色んなことがあるで
 
 でもな、何があっても大丈夫やからな
 
 なんかあったらいつでも相談しておいで」
 
 
明るい未来が今まさに始まろうとしている
 
お二人に向かって私は
 
今まで成婚して巣立っていった会員さん全てに
 
伝えた言葉を同じよう話していたのです
 
 
「11月22日に無事入籍が済み
 
 是非ご挨拶にお伺いしたいのです」
 
 
そんな有り難い連絡をいただき
 
昨日幸せなお二人が
 
こんな不便な場所まで
 
わざわざお越しくださったのです
 
 
彼は京都の方で神戸の私たちの会員さんに
 
わずか交際1カ月でプロポーズをしてくれたのです
 
 
その時の彼のサプライズな演出に
 
どれだけ彼女が驚いたかの話しなどで
 
家内と私たち4人でワイワイと
 
大盛り上がりしたのです
 
 
私たちの老後の楽しみ
 
「成婚者さんのアルバム」
 
(もちろん誰にも見せない) と
 
最後は屋上に上がり記念写真を撮って
 
 
改めてお二人にと話しておかないといけないと
 
前述の「色んなことがあるけどね。。」
 
になってしまうのです
 
 
本当に色んなことが人生にはある
 
でも大丈夫!
 
きっとうまくいく!
 
そんな話しを熱く語ってしまうのです
 
 
やめておけばいいのにと
 
家内に後ほどいつも止められるのは
 
「贈る言葉」を話していると
 
毎回ですが娘を嫁に出すときみたいになり
 
悲しいかな涙が出そうになるのです
 
 
年々涙腺が弱くなるのは
 
私たち夫婦の絶望的な弱点?なのか
 
本日も途中で情けない話ですが
 
涙が出そうになったのです
 
 
誠実そのものの彼や彼女が
 
私の話しを聞き逃すまいと
 
顔をジーッと見つめていたので余計に
 
「アカン。。」と、思って先に大笑いで誤魔化し
 
 
「なんだか泣きそうになるわ(笑)」
 
 
すかさず家内も助け船を出して
 
 
「本当涙腺が弱くなるのよね(笑)」
 
 
彼も彼女も本当に優しい2人で
 
笑顔のまま事なきを得たのです
 
 
そして彼が車をガレージから出している時に
 
彼女は私たちに満面の笑顔で
 
 
「先生。。本当にありがとうございます!
 
 頑張ります! 幸せになります!
 
 また遊びにお伺いさせて下さい!」
 
 
「幸せになりよ」
 
 
たった一言を彼女に言い残し運転席の彼に
 
 
「今日はホンマにありがとう、また」
 
 
どうも冴えない最後?の贈る言葉になったのです
 
 
2人を見送って階段を上がりながら
 
 
「もっとカッコ良く言えば良かったかな?」
 
 
そんな私に
 
 
「お父さんらしくていいんじゃない
 
 照れ屋さんやねんから(笑)」
 
 
だって。。
 
私は照れ屋ではないと何度言えばわかるのだ!
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
しかしハンサムだったなぁ。。
 
えらい違い。。
 
私の顔の大きさの半分以下だった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39