決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

33歳  [2017年03月20日]
【33歳 】
 
 
「もう今年33歳でーす!」
 
 
娘と何かのLINEのやり取りの中で
 
送られて来た33歳になると聞いた家内が
 
 
「そっか。。もう33歳になるか。。
 
 あの子も お母さんになったし
 
 いつまでも子供じゃないね(笑)」
 
 
もちろん、自分の子供の年齢ぐらい
 
家内や私は 「0.1秒」もなくとも
 
答えることが出来るのですが
 
 
私たち夫婦、いや家内にとっては
 
33歳は特別な年齢であるのです
 
 
「お父さんが亡くなったのは。。
 
 お母さん33歳の時やもんな。。」
 
 
「本当やね。早いね。。あの子33歳やけど
 
 きっと亡くなったお父さんから見たら
 
 私が33歳の時、あんな感じに
 
 見えてたんやろね(笑)」
 
 
義父が壮絶な4年に及ぶガンとの闘病で
 
ひょっとしたら?
 
泣き言ひとつ言わない寡黙な義父なら
 
治るかもしれない?
 
そんな期待を感じさせるほど
 
気丈な強さが義父にはあったのです
 
 
「お父さんきっと大丈夫よ!再発しないよ!」
 
 
そんな明るく振る舞う家内に
 
無情な病院の先生から
 
義父には内緒でと呼び出しがあった時
 
 
「もう余命が2カ月。もしくは3カ月です
 
 どうされますか?本人に告げますか?」
 
 
冷静におっしゃった病院の先生を目の前にして
 
崩れ落ちそうになりながらも家内は義母と話し合い
 
父親にはあまりに残酷なので
 
告げないと決めたのです
 
 
その足で検査入院している義父の病室に向かい
 
 
「お父さん、大丈夫みたいよ」
 
 
作り笑顔で言った家内の顔を見て
 
黙って頷いた義父は
 
きっと自分の可愛い娘の「嘘」が
 
わかったと思うのであります
 
 
その時の義父の強さは
 
もし自分が取り乱したとしたら?
 
この目の前の娘はきっと苦しむに違いない。。
 
そう思ったのではないだろうか?
 
 
今となっては、そのことすらも
 
誰にもわからないのです
 
 
そんな義父がいつも子供たちを
 
遊びに連れて行ってくれた公園が
 
 
私たちが結婚した当初住んでいた
 
「阪急六甲」というところの近くにあるのですが
 
家内は必ず、この公園の前を車で通ると
 
 
「お父さん、この公園が大好きやったよね
 
 本当、子供たちよく遊んでもらったよね」
 
 
その家内の目は
 
決して遠い昔を思い出すような目ではなく
 
亡くなった20年以上経った今でも
 
昨日のように話すのです
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-797-5398です 

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39