決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2022年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

現実主義  [2013年12月25日]
 

現実主義

 

 
年収1000万円以上:2.7
 
 

顔がいい:2

 

●3大疾病にかからない:37

 

浮気をしない32.5

 

 

 

勝手に試算してみると、日本の生産年齢人口

 

 

 

15歳~64歳)が約8500万人として

 

 

 

その約半分の4250万人を男性とした場合

 

 

 

わずか2,758人しかいないことに!

 

 

 

(しかも15才から65歳という範囲で)

 

 

 

さらに彼らと出会う確率、

 

 

 

出会った彼が自分の望む年齢である確率、

 

 

 

独身である確率、

 

 

 

恋に落ちる(相思相愛になる)確率、

 

 

 

結婚までこぎつける確率

 

 

 

を掛けると、

 

 

 

ほとんどゼロに近いんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

それでも、こんな彼?が居ると信じて

 

 

 

夢を見るのはいいのですが、

 

 

 

 

私はもっと現実的に考えて
 

 

 

「自分が望む人」よりも

 

 

 

ある程度の条件があり

 

 

 

何よりも、女性は

 

 

 

 

 

「愛されている、求められている、

 

 

 

必要とされている」

 

 

 

 

 

事が、今後、結婚生活には

 

 

 

大事なファクターでは無いかと。。

 

 

 

 

 

 

要するに
 

 

 

「愛されていて欲しい」と思うのであります。

 

 

 

 

 

あくまでも、私の個人観ですが

 

 

 

 

女性は私は「尊い」ものだと
 

 

 

幼い頃から思ってきたので

 

 

 

この考えは変わらない、

 

 

 

不変なものだと思っています。

 

 

 

 

 

それでも、待っていたって都合よく

 

 

 

「愛してくれる男性」

 

 

 

は、現れません。

 

 

 

 

 

努力した女性だけが勝ち取れると。。

 

 

 

お天道様は見ていると

 

 

 

私は思っています。

 

 

 

 

「あ!真面目にかいてもうた」
 

 

 

 

娘はスルーするね()
 

 

 

最後までご愛読ありがとうございました

 

 

 

婚活女性!

 

 

 

べスカ神戸で共に頑張りませんか?

 

 

 

(本日営業ブログです)

 
Posted at 10:46