決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2020年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ
Facebook

ブログ

死を悼む  [2020年09月29日]
【死を悼む】
 
 
芸能人の方の自殺が続く
 
 
若くして自死を選ぶその苦しみを想うと
 
ここ数日心が痛む
 
 
「どうして自殺なんか。。」
 
 
世間の人は戸惑う
 
しかしその声もいつか薄れていく
 
 
「全くそんな素振りなどなかった。。」
 
 
そうであろうと思う
 
 
あくまでも個人的な意見で申し訳ありませんが
 
世間の人にとっては突然なことが
 
実は本人にとっては突然ではない
 
ということだと思うのです
 
 
すでにもう何ヶ月も前?
 
ひょっとしたらもう数年も前から
 
ある程度決めていることが多いと思うのです
 
 
なので自殺をする人は優しい人が多く
 
絶対に周囲には悟られないよう
 
繊細に用心深く準備をすると思うのです
 
 
以前私がブログで書いた友人もそうでした
 
 
死ぬ直前に
 
草野球でヘッドスライディングをした彼の顔は
 
今でも忘れられません
 
 
私の父親も同じような経験をしたことがあり
 
昔からの友人が死の前日
 
父親と楽しい時間を過ごした翌日自殺したのです
 
父親と別れたあとカセットテープにて
 
死を選ぶ理由を父親に送ったそうです
 
 
その話を生前一度だけ
 
私に話してくれた時がありました
 
 
まだ私は幼かったので
 
 
「何で死ぬんやろ?死んだらアカンやん」
 
 
と言うと
 
それは今でも忘れられないのですが
 
あの父親には珍しく真剣に
 
私の目を見てこう言ったのです
 
 
「あのな。みんな生きとったら
 
 死にたいと思ったことなんか
 
 一度や二度くらいあるんや
 
 それでも平気な顔して生きとんや
 
 わかるか?」
 
 
「わかるようなわからんような。。」
 
 
「今にわかる
 
 お前も生きとったらわかるようになる
 
 思うようにいかんことなんか山ほどあるからな
 
 ええか。
 
 死んだらこれだけの人が悲しむ
 
 いうことだけ覚えとけ」
 
 
刑事だった父親が人の自死や死を
 
目の前でたくさん見てきて感じたことを
 
低い声で私の胸の奥に仕舞うように告げたのです
 
 
それから私は幼い頃から
 
人って死ぬことを考えてるかもしれない
 
一度や二度そんなことを
 
考えたことがあるのかもしれないと
 
ひょっとして
 
人に言えない何かを背負って生きている?
 
と考えるようになったのです
 
 
それはこの仕事をし
 
その人の深い話しを聞く時の
 
私たちの姿勢としてあるのかもしれません
 
 
奥底にある悲しみや苦しみを
 
繊細に感じないと
 
出来ない仕事のようにも思えるのです
 
 
しかし結婚相談所にお越しになるのは
 
夢と希望を持ってお越しになります
 
その悲しみを乗り越えたい想いがあるのです
 
 
そんな人ばかりじゃないとも思いますが
 
本当に何もない人に出会えることは
 
残念ながら少ないのも事実です
 
 
そんな人を僭越ながら
 
結婚だけではなく私は助けたいと願うのです
 
 
人は人にしか助けられないと考えます
 
 
想いを吐き出すことで前に進める
 
正しく前に進めると思うのです
 
 
どうか若い人たち
 
死など選ばず助けを求めてください
 
お願いします
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
疲れた時はゆっくりゆっくり休んでください
 
必ず陽が射す時が来ます
 
その時が実は人間チャンスなのです
  
 
  
 
 
                      

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい!

心よりお待ちしております。
                      
Posted at 09:39