あなたの結婚をお手伝いします。神戸、阪神間の結婚相談なら、JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ。

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2019年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ
イベント情報
Facebook
お相手お試し検索
会員ログインページ
日本結婚相談所連盟|IBJ

ブログ

線香花火  [2016年07月23日]
【線香花火】
 
 
「お母ちゃんが、持っとったるから大丈夫やで!」
 
 
「ぜったい、ぜったい
 
 とちゅうではなさんといてよ!
 
 ぜったいやで!」
 
 
「お母ちゃん嘘なんか言うかいな!
 
 ホンマに怖がりやな(笑)」
 
 
線香花火を片手で持ち
 
器用にマッチを擦りながら
 
母親が残りの一本に火を点け
 
 
「最後くらい、しょうじも持たんか!」
 
 
「いやや!しんでもいやや!」
 
 
上の兄が、その様子を見て
 
 
「怖いんかハハハハハ!!
 
 アカンタレやな!」
 
 
「こわないわ!
 
 お母ちゃんがうそ言うたらどうすんねん!」
 
 
真ん中のひとつ違いの兄は、とても優しくて
 
 
「もたんでええで
 
 お母ちゃん。な。しょうじこわいねん」
 
 
そう言ってると
 
母親が持っていた線香花火が
 
消える前に一瞬ボワっと赤い玉が膨らみ
 
地面に落ちたのだ
 
 
それを見た上の兄が
 
 
「あーあ。。終わりやん。
 
 もうないよな?最後やんな?
 
 しょうじは結局持てんかったな。
 
 まぁ、まだ小さいか。(笑)」
 
 
「小さないわ!持てるわ!
 
 今度持ったるわ!」
 
 
そう言った瞬間
 
堰を切ったように私は何故か涙が溢れて来て
 
家に帰るまで
 
 
「お母ちゃんが言うからや!!
 
 お母ちゃんが持てって言うたからや!!
 
 わぁあああーん!!」
 
 
帰り道母親の背中を叩きながら
 
泣きじゃくったあの夏の夜。。
 
 
末っ子の甘えん坊の私を
 
 
「泣きないな(笑)わかったわかった
 
 しょうじはええ子や、お母ちゃん悪かった」
 
 
50年以上も前のこと
 
 
あの時間が鮮明に
 
そして
 
スローモーションで
 
見ているように覚えているのは
 
何故なんだろうか?
 
 
そんな母親が亡くなり
 
今年4回目のお盆がやってくる。。
 
 
あの線香花火のように母親は亡くなる前
 
それまで10年以上の寝たきりだったのに
 
亡くなる3週間前に家族全員が揃ったお正月
 
その日だけ信じられないくらい元気になったので
 
皆が安心したのですが
 
命の火が燃え尽きたかのように
 
最後はあっけなく
 
兄や孫達の来るのも待たないで
 
息を引き取ったのです。
 
 
母親が亡くなるその時に私はその瞬間に
 
何故か?今でもわからないのですが
 
あの「線香花火」の
 
あの夜を思い出していたのです
 
 
「あ。。もう終わりなんや。
 
 オカン終わりなんや。。」
 
 
慌ただしく動き出した
 
看護師さんや病院の先生に頭を下げて
 
最後に母親の身体を抱いた時
 
あの私を背負った母親の気丈な身体はなく
 
片手で抱けるほどだったのです。
 
 
それが悲しくて切なくて
 
やはり、あの線香花火の夜のように
 
泣きじゃくってしまったのです
 
 
「オカン、俺はアカンタレやな。
 
 末っ子やわ。いつまでも。」
 
 
最後までご愛読ありがとうございます
 
 
花火は何だか悲しいですね。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                       

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-707-6111です 

心よりお待ちしております。
                       
Posted at 09:39