あなたの結婚をお手伝いします。神戸、阪神間の結婚相談なら、JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ。

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2019年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ
イベント情報
Facebook
お相手お試し検索
会員ログインページ
日本結婚相談所連盟|IBJ

ブログ

お見合いでの会話  [2016年04月22日]
【お見合いでの会話】
 
 
「いったいどんなお話ししたら
 
 良いんでしょうか?」
 
 
お見合いに向かう前に
 
このような相談を受けることは
 
もちろん多いのですが
 
 
ベスカ神戸では
 
最初にアドバイスさせていただくのは
 
 
「聞きたいことを聞かないかな。」
 
 
「えっ?聞きたいことを聞かない?」
 
 
「そう。あえて聞かない。
 
 もちろん聞きたいことは山ほどあるよ
 
 でもね、何より肝心なこと
 
 仲人として思うのは、ご縁あって
 
 約57000人もいる会員さんの中から
 
 2人が、お見合いを申し込み
 
 または 申し込んで、2人で会うことは
 
 やはり奇跡的な出会いとしか思わん訳。
 
 婚活の時期が少し違ったら
 
 絶対出会うことすらなかった2人
 
 まして結婚相談所に登録してなかったら
 
 お会いすることないよね。
 
 その偶然の中でわざわざ仕事休みの日に
 
 男性ならルール上、スーツ着用
 
 女性もそれなりにお洒落して出かける。。
 
 それだけで、大変やと思う。
 
 そんな2人の共通は
 
 やはり素敵な結婚。。でしょ?
 
 それも、結婚に対する意識の高い人が
 
 登録してるのが結婚相談所と言われてるよね。
 
 通常でお出会いしたって
 
 「この人本当に結婚する気あるんやろか?」
 
 って思っても聞くことも女性ならば聞きにくいし
 
 ある程度お付き合いして「そろそろ結婚。。」
 
 って思って、勇気を持って聞いたら
 
 「えっ?俺そんな気ないで。」
 
 と言われたら 愕然とするよね。
 
 そんなことを聞くことすらも必要ないのが
 
 結婚相談所やと思うねん。
 
 聞くのは、間に入った私たちが
 
 その都度「どう?」って聞くし
 
 相手の想いも相談所通して聞くことが
 
 成婚への早道やと思うから
 
 全くそんなストレスないよね。
 
 ならば、結婚後のこと?仕事のこと?
 
 家族のこと? そんなんプロフィールに
 
 大体書いてあるんやから
 
 それよりも、まずは大きく感謝やね。
 
 「お会い出来て嬉しいです!」
 
 これを全面に出して
 
 あとは趣味の話や楽しいと思うことを
 
 話せばいいねん。
 
 自分を知ってもらうのは
 
 ここ大事やけど
 
 「相手に対する興味と好奇心。」
 
 まずは、全身で自らそれを出して
 
 感謝から入る。
 
 決して
 
 「結婚したら何処に住みますか?」
 
 「結婚したらお仕事は?」
 
 内容はどうであれ
 
 絶対に「面接!」みたいになったらアカンで。」
 
 
大まかに言って
 
そんなアドバイスをさせていただき
 
それより、その日は体調を万全にし
 
あくまでも 楽しみ!ワクワク!で向かうように
 
と言って送り出すのです。
 
 
 
大体、お見合いが終わり
 
連絡が入った時の様子を聞くと
 
 
「どやった?」
 
 
「疲れました。。」
 
 
となると、そのお見合いは
 
やはり面接っぽいお見合い
 
 
「どやった?」
 
 
「楽しかったです!」
 
 
となると、その後交際
 
ゴールとなることが多いのです。
 
 
聞きたいことを聞かないって難しい?
 
そんなことはありません。
 
お任せ下さい。
 
 
女性は女性の武器
 
男性は男性の武器があるのです。
 
 
また別の機会に、こっそりお教えしますね。
 
内緒ですよ。(笑)
 
 
最後までご愛読ありがとうございます。
 
 
全ての婚活している人に!
 
今日も頑張って参りましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                       

 

真剣にご結婚をお考えの貴方
 
おせっかいな私達にお任せ下さい。
 
資料請求の方はこちらから
 
メールでお問い合わせの方はこちらから
 
ご来店ご予約の方はこちらから
 
お電話の方はこちら078-707-6111です 

心よりお待ちしております。
                       
Posted at 09:39