決してひとりで悩まないで下さい!
あなたのご結婚を私達が応援します
神戸、阪神間の結婚相談なら
JR神戸須磨駅近郊のベスカ神戸へ

あなたの結婚をお手伝いします。神戸市垂水区の結婚相談所なら、ベスカ神戸へ。ベスカ神戸は、結婚30年以上のベストカップル夫婦があなたを成婚までサポートする、安心の日本件婚相談所連盟正規加盟店です。

<<  2021年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ブログ
Facebook

ブログ

遠い記憶  [2013年10月27日]

”遠い記憶”

 

 

「明日、またな。」

 

「おお。。」

 

 

当時16歳の私が

 
親友のM君と最後に交わした言葉.

 

 

腎臓に重い病を抱え、

 

透析に向かう病院の入り口までの

 

ごく普通のやんちゃな、

 

高校生二人にしか見えないであろうM君の

 

少しその日のはしゃぎ方以外は。。。

 

 

中学生で同じクラスになり、

 

その当時共通の趣味であった

 

釣りによく出掛け

 

 

「ふっきゃん、

 

今日は早よ帰ろ言わんといてな、

 

絶対大漁やし何か体調ええねん」

 

 

「大丈夫!

 

絶対途中でやめへんから、

 

そやけど、あんまり釣れんかったら

 

帰ろな」

 

 

「それがいややねん

 

 な、な、おってな」

 

 

どんだけ、俺がすきやねん

 

と思いながらも結局はすぐに飽きる、

 

そんな私を

 

いつも笑顔で許してくれるM

 

 

「俺、ホンマ、ふっきゃんと

 

 同じ高校行きたいわ」

 

 

など言い出す始末。。

 

 

結果、本当に同じ高校に

 

ランクを落としたのか、

 

身体がもうその頃には

 

変調があり、学校も休みがちになり、

 

体育の時間には見学をする様になって

 

いたのです。

 

 

その頃、私もM君とは

 

別のグループの友達と帰る事が多くなり

 

何より、学校に顔を出す回数が

 

減っていったM君に少し距離を感じて

 

いたのでしょう。

 

 

しかし、体調が少し戻り

 

3日間連続で学校に通える事ができたので

 

昔みたいに、一緒に二人で下校したのです。

 

 

今、思えばひょっとしたらM君は

 

最後に学校に行って脳裏に焼き付けた

 

かったんじゃないかと。。。

 

 

彼の死に顔の色の白さは37年たっても

 

鮮明に覚えているのですが

 

 

しかし、時間と言うのは残酷で

 

あの時思った、苦い心の奥にある

 

宙に浮いたあの記憶が薄れるのです。

 

 

人間の哀しみには終わりがあるのだと。。。

 

 

最後までご愛読ありがとうございます。

 

 

M君の命日にて

Posted at 10:16